もぐら庵の本(自費出版本)

これらの本は、もぐら庵謹製の自費出版本ですので一般の本屋さんには置いていません。

もともと印そのものは人手に渡ってしまうので、手元には試押した印影しか残りません。それらをまとめ、その時々の印に込めた思いやエピソードなどを印譜集としてまとめ始めたのは1985年からです。これまで13冊の印譜集を作ってきましたが、年に数回開く個展などの際に紹介し、興味のある方々に購入していただきながら細々と出版を続けてきました。もとより大量に製作しているわけではありませんから手元の在庫がなくなり次第絶版というわけです。

現在残っているものは9集(もう、ほぼなくなります)以後、10集、11集、12集、13集、14集だけです。

ということで興味がありましたらご連絡下さい。1冊/頒価1,300円(+送料100円)です。

もぐら庵/遊びの印 第10集
1998.2.1発行
B6/72P
(残部僅少)
もぐら庵/遊びの印 第11集
2000.1.15発行
B6/72P
もぐら庵/遊びの印 第12集
2002.4.10発行
B6/72P

●印
 ・宮澤 賢治の印
 ・小澤征爾さんの印
 ・タイフーンカルテットの印
 ・英文字の印 ・洋書丸善の印
 ・宝蔵院流槍術の印
   など約150顆の印

●エッセイ
 ・Sさんから戴いた篆刻刀
 ・水墨画の再利用法
 ・小川芋銭の書票
 ・エディ君のゴジラ印

もぐら庵の戯れ水墨
   などなど

●印
 ・記念の印 ・有名人の印
 ・大きい印 ・竹の印
 ・屋号印 ・似顔の印
 ・自分印 ・四季織々の印
 ・絵の印 ・書の印
 ・二人は若い印
   など約150顆の印

●エッセイ
 ・もぐら庵の篆刻刀
 ・私の桃源郷
 ・一つ屋根の下の猫
 ・虎のヒゲ

もぐら庵の戯れ水墨
   などなど

●印
 ・笑屋・七福神の印
 ・勝専寺の閻魔大王・毘沙門天印
 ・SLCの印 ・有名人の印
 ・屋号印 ・花の印
 ・猫が好き ・犬が好き
 ・鳥が好き ・兎が好き
        など約200顆の印

●エッセイ
 ・福井へ柿狩り
 ・おもちゃ作家・加藤裕三くんのこと
 ・損をしているな
 ・普通の人
 ・加藤登紀子さんの印

もぐら庵の戯れ水墨
●もぐら庵の忘月日記 などなど

【申込方法】
 手紙、FAX、Eメールいずれかで、送付先住所・名前・冊数を明記して申し込んでください。折り返し本と振替用紙を同封して届けますので、お近くの郵便局で振り込んでください。

【申込先】
  ●手紙
   〒630-0241 生駒市松美台44-141
          もぐら庵 池田耕治
  ●FAX      TEL(FAX)0743-74-0181
  ●インターネット ikeda@mogura-an.comまで