遊び印第12集より


ITコンサルティング/教育の専業会社、株式会社SLCのCIロゴタイプに使う印を依頼された。SLCの親会社であるビーコンシステムの企業シンボルはタカ。SLCは2001年に誕生した新会社であり、これからが期待される会社。親会社と同じタカさながらに、その誕生から成長を願って、卵から生まれ、やがて大鷹になる4つの過程を印のデザインに。またSLCは企業の人となりを最も大切にする会社だということで、手づくりのシンボル印を企業ロゴに採用された。
木村規予香さん。
東京生まれ。8才からバレエを習い始め、モンテカルロ王立グレース王妃バレエアカデミーに留学。現在、ライプチッヒバレエ団にプリマとして活躍。1998年、長野オリンピック開会式イベントで、小澤征爾氏指揮の下でベートーヴェンの第九交響曲をプリマとして踊る。(美人の印は本当に難しい)。
落語家の桂文珍さんは、セスナ飛行機の運転をするというので有名ですが、乗馬もベテランとはあまり知られていないのです。(この本で得する?こともあるのですヨ)。
俳優・南風洋子さんは、宝塚の初舞台より今年で53年。長年の日本映画の功労に対してゴールデングロリー賞(日本映画批評家大賞)を受賞されました。この印は持ち歩いて、色紙やサインの時、使ってもらっています。(うれしいことです)
小林研一郎さんは有名な指揮者。
コバケンの名で親しまれ、辰年だそうです。